無くなったハスイモ

DSC_2592 (427x640)

昨年までは順調に成長していたハスイモですが、残念ながら、イノシシの被害に遭い、絶滅寸前です。

DSC_2593 (640x427)

小さな芋が3個ほど、かろうじて芽を出しました。
スポンサーサイト

ママさんの畑の草を取る

DSC_2584 (640x427)

乾ききった畑でも草は成長していきます。

DSC_2589 (640x427)

そんなママさんの畑を草取りしました。

DSC_2591 (427x640)

ネギの畝間も草取りをしましたが、きれいにはなったものの、ネギそのものが元気がありません。

裏庭の草取り

DSC_2581 (640x427)

ナナは外が好きですが、3兄弟の猫たちとは違い、ほとんどお庭で遊んでいます。

DSC_2582 (640x427)

ちょっと、通り雨が降って来たようです。

DSC_2583 (640x427)

急いで、裏庭のロータリー部分の草取りを行いました。
こちらに植えたしょうがは、元気に育っています。

動物たちがやって来た。

DSC_2541 (640x427)

新しい畑にも色々な動物が来るようになりました。

DSC_2542 (640x427)

あと少しで電気柵を設置する予冷ですが、さつまいもや落花生をいたずらして本当に困ったものです。

出荷の準備

DSC_2535 (640x427)

ママさんが移動販売用の野菜を袋に入れ準備しています。

DSC_2536 (427x640)

そばでは猫のナナが猫の手を貸そうかな?と待機しています。

頂いたバジル苗

DSC_2491 (640x427)

近所の方から、バジル苗を頂いたので、キューり同様、ハウスを綺麗にするために、パセリーの横などに植え付けました。
植えるためには、その場所の草を取り、耕耘するために、結果として綺麗になります。

DSC_2526 (640x427)

みんなみの里では、同じようなバジル苗が100円で売られていました。
ハウスの中でバジルが上手く育ってくれれば、こちらも何か良いことが起きるでしょう。

思いがけないキューりの成長

DSC_2489 (640x427)

ハウスも何もしないと管理もやらなくなり、過去、草だらけの年があった反省を踏まえ、空いた場所に植えて見たキューリですが、思いのほか良く成長して来ています。

DSC_2488 (640x427)

スイカと同じ栽培方法ですが、苗そのものが、徒長した処分苗を10本ほど植えたので、あまり、期待はしませんでした。

DSC_2487 (640x427)

しかし、毎朝、灌水したおかげで、結構よく成長を始め、すでに10本ほどの実を収穫出来ました。

DSC_2486 (640x427)

苗が元気になると、必然的に草取りなど、こまめな管理もするようになり、ハウスの健全化にも一役買っています。

変わったスイカ

DSC_2483 (640x427)

中でも実生でチャレンジした南国系のスイカですが、2本しか発芽せず、育てられるか心配したこのスイカ、1本はかなり元気になり、小さな実を付けました。

DSC_2481 (640x427)

葉の形も、明らかに、在来品種とは違い、どんな実になるのか今から楽しみです。

DSC_2482 (640x427)

ハウススイカ

DSC_2477 (640x427)

ハウススイカは今年、栽培方法を変えたおかげで、結構、良く育っています。

DSC_2476 (427x640)

スイカは10種類ほどを栽培中ですが、植えた時期や実生か接ぎ木かでも成長に大きな差が生じており、良い勉強になっています。

ハウスのトマト

DSC_2480 (427x640)

研究農場のハウスでは今年も30種ほどのトマトを栽培しています。

DSC_2479 (640x427)

連作続きの場所なので、大きくは育たないのですが、それでも、多くのトマトが必至で生きています。

DSC_2478 (640x427)

そんな栽培環境なので、各トマトとも2段も収穫出来れば御の字です。

落花生

DSC_2469 (640x427)

研究農場には落花生も植えて見ました。
おおまさりの苗も毎朝、灌水して上げたので、活着したようです。

DSC_2468 (640x427)

小型の落花生も従妹の市原さんに頂き、苗を作りました。
もう直ぐ、電柵も設置されますので、頑張って、沢山の実を付けて下さい。

朝のメロン畑

DSC_2475 (640x427)

朝のメロン・かぼちゃ畑は蜂たちの天国です。

DSC_2474 (640x427)

メロンの花は小さいですが沢山咲き、ミツバチやマルハナバチなどが沢山飛び交っています。

DSC_2473 (640x427)

かぼちゃの花は大きく、大型の蜂たちが蜜を吸っています。

DSC_2471 (640x427)

これだけ多くの蜂たちが野菜の交配のために毎朝、働いてくれているのです。

DSC_2472 (640x427)

うちの研究農場では農薬を一切使用していませんので、安心して、蜜を吸って下さい。

DSC_2470 (640x427)

かぼちゃの成長

DSC_2465 (640x427)

畑の野菜、特にかぼちゃとメロンが元気です。

DSC_2466 (640x427)

畑を耕耘するために移植した自然発生のメロン?
日照りで99%ダメかと思いつつ、少し水かけをしたら、何と、活着したようです。
さて、メロンが生るのか、瓜が生るのか楽しみです。

DSC_2467 (640x427)

さつまいも畑の草取り

<DSC_2447 (640x427)

草でさつまいもがあるのかどうかも判らない状態の畑でしたが、頑張って、草を取ると、半分ぐらいが根付いていました。

DSC_2446 (640x427)

最近、頻繁にイノシシが出没しています。
今年は電柵を回さないとだめかもしれません。

ビッグなスイカ

DSC_2443 (640x427)

とても大きなスイカを林農園で頂きました。

DSC_2442 (640x427)

ご先祖様の仏前に備えましたが、気合を入れて持ち上げないと運べません。

わくわく広場

DSC_2437 (640x427)

イオンモール内にある、わくわく広場の場所が変わりました。
産地直送の野菜や果実が、イオンの食品売り場より安い価格で並んでいます。

地中海トマト料理

DSC_2431 (640x427)

ママさんが地中海トマトを使い、料理しました。

DSC_2432 (427x640)

我が家のブルーベリーも添えて、夏の朝のスタミナ食と言ったところです。

従妹の畑

DSC_2428 (640x427)

従妹の古藤田氏の畑にトウモロコシをもらいに行きました。

DSC_2429 (640x427)

本業は運送業の社長さんですが、数年前から農業に目覚め、休日を利用し、野菜作りに精を出しています。
マルチングも綺麗に張ってあったので、家によると、何とトラクターが3台もあり、1台はマルチャーが付いていました。

DSC_2430 (640x427)

畑にはトウモロコシの他、さつまいもなどが作付されていますし、家には、次に植えるトウモロコシの苗が、沢山仕立てられています。
写真をもっと撮影したかったのですが、惜しくも電池切れ、恐るべし、運送業です。

元気なかぼちゃ類

DSC_2409 (640x427)

そんな、砂漠化した畑でも元気なのが雑草と、かぼちゃ類です。

DSC_2408 (640x427)

かぼちゃ類は放任栽培のため、蔓を四方八方に伸ばしています。
そして、かぼちゃやメロンはそれぞれ、沢山の実が付き始めています。

DSC_2410 (640x427)

横浜に買いに行った鶴首カボチャもだいぶ大きくなって来ましたね。
今年は上手くいけば、色々なかぼちゃを食べ比べることが出来るかも知れません。

砂漠の畑で植え付け

DSC_2405 (640x427)

乾燥しきっている畑に植え付けた落花生、何とか、生きているようです。

DSC_2407 (427x640)

しかし、7月10日過ぎに植え付けた紅はるかのさつまいも苗、はたして、活着できるのでしょうか?

DSC_2406 (640x427)

ハウスの砂漠化

DSC_2402 (640x427)

ハウスの中の野菜には朝夕2回の灌水を行いますが、ほとんど砂漠状態です。

DSC_2403 (640x427)

そんな中でも、スイカは大きな実を付けてくれました。

DSC_2404 (640x427)

そろそろ、結実して1か月が経とうとしていますので、もう直ぐ、収穫時期かもしれません。

乾燥した畑

DSC_2401 (640x427)

梅雨にも関わらず、1週間以上も雨が降っていません。

DSC_2400 (640x427)

我が家の新しい畑は砂漠のように乾ききっています。

作って見たいかぼちゃ

DSC_2375 (640x427)

かぼちゃの畑は広いスペースが必要ですね。

DSC_2376 (427x640)

2本仕立てで、蔓が6m以上成長します。

DSC_2377 (640x427)

かぼちゃは1個かなり重量があります。
良く出来た玉は、1個2000円以上の価格が付きます。

DSC_2378 (640x427)

このながちゃんは、いつかは栽培してみたいかぼちゃです。

トウモロコシ

DSC_2374 (640x427)

今のトウモロコシは本当に美味しいです。

DSC_2373 (640x427)

現場研修が終わったら、試食会もありますので、美味しいトウモロコシを食べるのが待ち遠しいです。

雪印種苗の夏のフィールドディ

DSC_2367 (640x427)

雪印種苗さんの枝豆は伊藤農園でも定番になりつつあります。

DSC_2368 (640x427)

現在、伊藤農園で栽培している、3種類のうち、2種類は雪印種苗の味風香、夏風香となっています。

DSC_2369 (640x427)

来年は、新しく、神風香と言う、極早生種が発売になると言うので、今から楽しみです。

DSC_2370 (640x427)

今日は、天気も良く、フィールドでは汗がしたたり落ちて来ます。

DSC_2371 (640x427)

雪印種苗ではサッポロミドリに代表される枝豆群ですが、色々と開発される、新品種が楽しみです。

DSC_2372 (640x427)

水蓮(自在寺)

DSC_2364 (640x427)

ママさんと、自在寺に水蓮を撮影に行きました。

DSC_2363 (640x427)

お寺の玄関前には、いくつもの、水蓮があり、中には、メダカも泳いでいます。

DSC_2362 (640x427)

鉢も、色々なものがあるのですね。

DSC_2361 (427x640)

この鉢なんかは、ちょっと、変わった形ですね。

DSC_2360 (640x427)

下の水蓮は熱帯性水蓮のようですが、夏に咲く水蓮は水の中でもあり、とても涼しげな感じがします。

DSC_2359 (640x427)

トマト色々

DSC_2354 (640x427)

上のトマトは竹藪に自然発生したトマトですが、どんな実が付くのでしょう?

DSC_2356 (640x427)

こちらは、ハウスで実ったトマトたちです。

DSC_2355 (640x427)

今年も、大中小取り混ぜて、約30種類のトマトが育っています。

クレオメの花

DSC_2346 (640x427)

今年も庭ではクレオメが育ち、綺麗な花を咲かせ始めました。

DSC_2345 (640x427)

玄関左側の花壇はあまり花がなかったのですが、ママさんがハーブガーデンにするようです。

DSC_2344 (640x427)

グラジオラスが倒れかけています。
台風が通り過ぎたら、支柱を立ててあげましょう。

DSC_2343 (640x427)

キャベツ類

DSC_2303 (427x640)

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、白菜類はすべて、管理が追い付かず、失敗に終わりました。
苗の定植が、遅れたのは、処分苗を格安で購入したので仕方がないとして、蝶を防ぐネットのかけ遅れが大きな敗因です。
又、観察していると、下のわずかな隙間からでも、蝶は侵入しています。
次の栽培では、早期に、隙間のない、ネットを掛けることが、一番大事のようです。

里芋、いちご、なす(新畑)

DSC_2309 (427x640)

ママさんの畑の里芋は一部をイノシシにやられてしまいましたが、新畑に植えた里芋類は今のところ無事のようです。

DSC_2308 (427x640)

ハウスで枯れ始めたイチゴの苗を一か八かで、畑に季節外れの移植を試みましたが、ほぼ、うまくいったようです。

DSC_2310 (640x427)

なすはママさんの畑のがメインですが、今年も、原因不明の立ち枯れ病が出始めました。
多分、連作による、地力等の低下があるものと思われます。

DSC_2311 (427x640)

その点は、新畑のなすは、余り物や、ホームセンターで買った老化苗ですが、活着さえうまくいけば、少しは収穫出来るでしょう。
プロフィール

farm.110

Author:farm.110
無農薬の野菜や果樹を栽培しています。
収穫した野菜は家族みんなで食べています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム