台風被害!

先だって上陸した台風20号で強風の為、皇帝ダリアが折れてしまいました。
木に当たっていたところの皮が剥がれており、気になっておりましたが、やはり、その箇所から
ポッキリ折れてしまいました。
せっかく3mにも育ったのに、残念です。

2009.10.31皇帝ダリア折れる

この柿、我が家に昔から有る、原種の柿です。
かなり小型ですが、甘いものは多分、他のどんな柿より、甘いでしょう。
しかし、本当は渋柿らしく、甘い柿は少ないのです。
はっきり、言って、食べてみないと、当たり、はずれが分かりません。
まるで、ロシアンルーレットみたいです。

2009.10.31原種柿

これは、米づくり日記でも書いた、ジャンボなめこです。
容器のバケツと比べても、いかに大きいか判るでしょう。
これを入れた鍋料理、ダシが出て最高ですよ!

2009.11.2ビッグなめこ


スポンサーサイト

素敵なパーゴラ

昨日の横浜研修でもう一つ、目に付いたものがありました。
パーゴラです。大きな藤のパーゴラで浄水場の前庭にありました。

2009.10.29秋のイベントその3 パーゴラ002

ちょっと、古そうですが、鉄製で、既成品の弱弱しいものと違い、かなり頑丈そうに見えました。
伊藤農園のキウイフルーツの棚は竹製で壊れかけております。
お金は掛かると思いますが、こんな、頑丈な棚に出来たらいいなと思った次第です。

2009.10.29秋のイベントその3 パーゴラ001

秋のフェスティバルその3・横浜水道博物館

今日は、職場の視察研修で横浜の西谷浄水場と水道記念館にいきました。

2009.10.29秋のイベントその3 横浜水道博物館005

横浜は遠く、相模川から自然流下方式で水を引いています。
その距離、約40km、一度もポンプアップしていません。動力費”0”です。
伊藤農園と同じく、環境にやさしい施設ですね。

2009.10.29秋のイベントその3 相模川系004

相模川以外に、もう一つ、道志川から水が来ています。
この道志川、水がきれいで、昔、船に積んで、赤道を越えても腐らないと言われていました。
私も道志川にはマス釣りに行き、そのきれいさは実感していました。
ここでも、相模川の水と比べると、透明度が全然違いました。

2009.10.29秋のイベントその3 道志川系003




秋のフェスティバルその2・小盆栽の魅力

ちょっと、写真が下手ですみません。
露出オーバーですね。
これは、冬イチゴの小盆栽です。
冬いちごは山に行けばいくらでも有ります。ぜひ、自分も小盆栽を作ってみたいと思いました。
2009.9.24秋のイベント小盆栽展その1 013

こちらはろうあ柿の小盆栽です。
ろうあ柿や豆柿、ピラカンサスなど、見物盆栽は日本の小宇宙を見ているようで心が休まります。
心に余裕を持って、日本の秋を楽しみましょう。

2009.9.24秋のイベントその2小盆栽展 014

秋のフェスティバルその1

2日目、千葉港のポートタワー前で開催さてた、千葉県協同組合フェスティバルを見に行きました。
JA、漁協、森林組合、生協が集まるお祭りですが、JA、漁協、森林組合は昨年、関係する職場にいた為、ある程度の知識は有りますが、生協はあまり、良く知りません。

2009.9.24秋のイベント協同組合フェスティバルその1 007

今回のイベントで千葉県内には、①なのはな生協②パルシステム千葉③生活クラブ生協④ちばコープの4つがあり、それぞれ、特徴があることなどが、各生協担当者の説明で分かりました。
帰ったら頂いた、パンフレットをもう一度、良く見てみましょう。

2009.9.24秋のイベントその2協同組合フェスティバル008

秋のフェスティバルその1

秋のフェスティバルに参加しました。
市原市役所前で開かれている、、リサイクルフェアです。
私はフリーマーケットやバザーが大好きで時間が空けば良く見に行きます。
今日は、ちょっと、天気が良くなかったものの、多くの方が掘り出しものを探しております。

2009.9.24秋のイベント市原リサイクルフェアその1 001

フリーマーケットは小さい区画に使わなくなったけど、まだ使用可能なものを、工夫して並べ、お客にアピールして、価格を交渉しながら、販売します。
私も売る側でも何度か、出店しましたが、中々、希望の価格では売れません。
それでも、お店の社長には間違いありません。
将来の直外所開業の勉強にもなります。
最初のお店を出すには、売り上げよりも、不要なものを処分するのに主眼を置き、お客さまとの会話を楽しみながら、他の店の情報も収集したりすると、結構、面白いですよ。

2009.9.24秋のイベント市原リサイクルフェアその2 002

野ボタンの花

何度かチャレンジして失敗している、野ボタンの冬越し、昨年は、何とか、うまくいき、初夏から紫色の花を咲かせ続けています。
ちょっと、可憐で質素な花ですが、長い期間、みんなの目を楽しませてくれています。

2009.10.13野ボタン

この木、何の木、気になる木?

これは、何の木でしょう。
実は、木は左だけで、大きな葉の方がポポーです。
ポポーは熱帯性の果樹で一寸バナナのような、実が成り、食べられます。
では、右はと言うと、ポポーの木を支柱にこんなに大きくなった、皇帝ダリアです。
今年、2年目で、もう4m以上高くなり、晩秋、ピンクの花をいっぱい、咲かせます。

2009.10.13皇帝ダリア

こちらの赤いのは何でしょう。
これは、お隣さんに在る、ピラカンサスの木です。
赤いのはもちろん実で、野鳥の大好物ですが、今のところ、まだ、食べに来てはいませんね。

2009.10.17ピラカンサス

木の実、なんでしょう。

これ、何だか、わかりますか。
カリンの実なんです。
とても、香りがいいですよ。
カリン酒にすると、風邪に良く効くみたいですよ。

2009.10.12かりんの実

木の実は、何でしょう。
サンザシの実です。
サクランボみたいでしょ。
玄関の横で、春、白い花を咲かせ、秋、このような、赤い実が付きます。

2009.10.12サンザシの実

穴あきキャベツ

青虫に食害されたキャベツです。 農薬をかければ被害は激減します。
しかし、人間が食べる場合、農薬を使い、きれいなキャベツを選ぶか、無農薬だけど穴あきのキャベツを選ぶかはあなたしだいです。

2009.10.11虫食いキャベツ

害虫

よとう虫です。日中、見ることはほとんどありません。
夜、活動し、昼間は土中にいるからです。この虫は、野菜の苗の茎を食べます。
野菜が根本から折れていたら、よとう虫の仕業です。野菜は100%枯れます。

2009.10.10よとう虫

青虫です。キャベツ等によく着き、葉を食い荒らします。
紋白蝶の幼虫です。キャベツの回りに蝶著が着たら要注意です。
なぜなら、卵を産み付けるからです。

2009.10.10青虫

ノラとゆいか

日曜日に、久々に、孫のゆいかが家に来ました。
だいぶ、動きも活発になり、家ねこのチーちゃんや、ナナは逃げ回っていますが、外ねこのノラは平気です。
ゆいかの良い遊び相手になりました。

2009.10.4ノラとゆいか

中秋の名月

昨日の夜は中秋の名月でした。
ちょっと、天気が悪く心配でしたが、月見に付き物のススキと団子を上げて、満月が見えることを祈りました。

2009.10.4中秋の名月

祈りが通じたのか、しばらくすると、雲の間から、すばらしい、満月が顔を覗かせました。
思わず、万歳と叫んでしまいました。

2009.10.4満月

ゆりの里2周年

昨日は大雨が降ったのに、今日は晴天、せっかく晴れても、田んぼも畑もぬかっているので、
農作業はあきらめ、イベント見学に行きました。
袖ヶ浦市のゆりの里が2周年と言うことでみかんや野菜の安売りなどでにぎわっていました。

2009.10.4ゆりの里2周年

こちらはプリンのお店を準備中の母娘?
ちょっと、変わった、いでたちなので、1枚写真をとりました。
プリンを買うことはできませんでしたが、完売出来たのかな?

2009.10.4ゆりの里

いただき物

山形の交流農家の大沼さんからラフランスが届きました。
せがれさんが栽培しているそうで、毎年、いただきますが、とてもおいしいです。
収穫してすぐに送ってくれたそうで、少し、黄色く、色付くころが食べ頃だそうです。
毎年、ありがとうございます。

2009.9.30ラフランス

ファーマーズクラブ員の藤浪さんからお芋をいただきました。
農園のある、南房総で作ったもので、紅あづまと紫芋のセットです。
さつまいもは大好きで、自分でも植え付けますが、管理不行き届きで良い物が出来ません。
今年は芋ようかんを作ってみたいと思っていました。
本当にありがとうございます。

2009.9.30紅あずま

プロフィール

farm.110

Author:farm.110
無農薬の野菜や果樹を栽培しています。
収穫した野菜は家族みんなで食べています。

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム